ホームページマスターTOPページへ
初心者の為のホームページ作成支援サイト powerd by Google
HOME >ファイルを保護する

HPのファイルを保護する

ホームページのファイルがたくさん増えてくると 誤ってHPのフォルダやファイルを削除してしまう事があります。
そのような削除を防止するために HPのファイルにプロテクト(保護)をかけます。

■HPのファイルをプロテクトする

1.まずはじめに ifileguardの紹介ページ にアクセスします。

2.ダウンロードページからifileguardをダウンロードしてインストールします。

3.タスクバー右のアイコンから右クリック→設定 からifileguardを起動後、保護対象フォルダを選択し ます。

4.基本操作の設定でファイル/フォルダの削除にチェックを入れます。

5.ホームページのファイルのプロテクトが不要になった時のために保護解除キー の設定で任意のパスワードを設定します。

以上で指定したフォルダ、ファイルのプロテクトができました。 指定したフォルダ、ファイルは削除しても保護されているため 削除できないようになっています。

■HPのフォルダをショートカットで使う

HPのフォルダをショートカットで使うと誤ってフォルダを削除 しても元のフォルダは消えず影響しません。 フォルダ自体に鍵をかけるわけではないですがプロテクト(保護)の代替の 手段として使えます。

1.まず下の図のように元のhomepageのフォルダをマイドキュメントに 移動しておきます。

マイドキュメントのフォルダ内

2.次に下図のようにhomepageのフォルダのショートカット を作りデスクトップに置きます。

そうすれば万一、デスクトップ上に置いてあるhomepageフォルダを まるごと削除してしまった場合でもそれはショートカット なのでマイドキュメント内に置いてある元のhomepageフォルダは削除されていません。

homepageフォルダのショートカット を開いてhtmlファイルを削除した場合はマイドキュメント内にある元のhomepageフォルダの htmlファイルも削除されてしまいますので
HPのフォルダ自体、フォルダ内の全てのhtmlファイル共に 削除を反映させないようにするためには、双方のショートカットを作成しておきます。

ショートカットのHPのフォルダ内

上記で紹介したHPのファイルを保護する方法はPCのハードディスク上での 対策だけなので確実に大切にファイルを管理するためには ハードディスク以外の場所へバックアップを取っておく事です。


HOME

Copyright (C) 2003-2012 ホームページマスター All rights reserved.